忍者ブログ

日本ありが党

「ありがとう」とは、日本語で感謝を表す時に用いられる挨拶である。 ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く」がウ音便化したものである。 「有り難し」とは、本来「有ること」が「難い(かたい)」、すなわち「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味であった。「党」は集団、仲間を意味する。
[19]  [18]  [17]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分にふりかかる災難をどう受け取るか、これは考え方次第で大きく前進することに

つながります。

先日、私の友人が大火傷を負って入院しました。

フリースを着てやかんでお湯を沸かそうとしていたとき、化繊で起毛のフリースの

腕の部分にコンロから火が付き、慌てて火を消そうと腕を振ったら、全身に燃え

移ったのです。

一瞬にして目の前がオレンジ色になり、息を吸うと炎が喉にまで入ってくる。

というか呼吸ができない。

パニックです。

化繊なので燃えると解けて肌にくっ付き、脱ぐこともできない状態。

別室にいたもう一人が急いで布を被せ、水をぶっかけて収まりましたが

ICUに一週間篭り、なんとか命には別状なく無事退院しました。

私はそのとき忘年会の最中で、共通の友人から暗い声で電話がかかってきたときは

それはもう焦りました。

「えっ!?それで死んではないよね??」

「はあ・・・命に別状は・・・」

ああー良かった!なら大丈夫!ビックリさせんなよ~おい(汗)!

早速当人に電話をして、「良かったな~!!」を連発しました。

逆に可哀想に・・・とは全く思わなかったですし、言いもしませんでした。

だって彼は死にかけたんですよ。

だけど助かった。本当に良かった!それしかありませんでした。

人は死に目に合って助かると、生きていること、いや生かされていること

実感するものです。

そして命を助けられたことに感謝します。

一日一日を大事にするようになります。

見舞いに行ってみると、案の定、活き活きとした目をしていました。

包帯グルグル巻きの、マンガに出てくる怪我人そのものでしたが、友人一同は

大笑い。

一つ壁を越えたのが見てとれます。

自然の力の前に、人は如何に弱いものなのか、を知る良いキッカケにもなりました。

ナメてはいけないのです。

火傷は大変だったけど、このことで色んなことに感謝できるようになって、本当に

良かったと思います。

私も全然違うケースですが、酷い目に合ったことがあります。

相手の人権を尊重して詳しくは書きませんが、ハッキリ言って相手の女性を殺し、

その間の男性も殺し、私も自殺していてもおかしくないような裏切りでした。

しばらく人を信じることができませんでした。

人はこんなにも酷い裏切りができるのか、という出来事でした。

誰もが、「昼ドラでもこんな惨いストーリーは無い」と言います(苦笑)

でもそのお陰で「人のものを奪ったら絶対にバチが当たる」「貞操観念の大切さ」

ということを学ばせて貰いました。

反面教師で、そんな人間には死んでもなりたくない、と思いました。

あー良かった。感謝ですよ。

・・・それから、小学3年生のときに母を病気で亡くしています。

あまりの辛さに脳が防衛本能を発動したのか、その前後は今でもハッキリと

覚えているのにもかかわらず、お通夜の最中の記憶だけポッカリと抜けてしまって

いるのです。

叔母曰く、一晩中、泣きじゃくって棺から離れなかったそうです。

悲しい出来事でした。

でも、命を懸けて僕に愛というのもを教えてくれました。

お母さん、ありがとう!

普通に平凡な人生であれば経験するようなことではない出来事ばかりです。

でも、これらは神様・仏様からの試練だったのだと自負しています。

「早く気付きなさい」とチャンスを与えてくれているのです。

あなたにその力があるからこそ、神様・仏様はレベルアップのための試練を

与えて下さいます。

乗り越えられない試練は無いのです。

逃げたらまた、もう一度やり直しです。

人は悲しみを知らなければ、他人とその悲しみを分かち合う、そんな幅のある人間

にはなれないのです。

全てのことには意味があり、あなたに必要なことです。

ふりかかる災難にも感謝を。

全てのことに感謝を。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自己紹介
日本人
profile:
日本が大好きです!和食・和室・和のココロ。

BurningManというネバダ州の砂漠で一週間行われる世界一のアートイベントで、貨幣経済の無い世界を体験、give&giveというポジティヴな精神を学ぶ。

浄土真宗高田派僧侶の卵ですが、自己治癒力快復道場を設立、「日本を世界一病気の少ない元氣な国に」をテーマに活動しています。

基本ポジティヴです。感謝することを好みます。努力×情熱×感謝×謙虚=明るい未来。
でも健全な疑問を持つ心も大切だと思います。陰と陽、光と闇、精神世界と現実世界をバランス良く!
世の中全てが平和になりますように!
バーコード
フリーエリア
最新コメント
[07/04 正源司 渡]
[02/09 正源司 渡]
[09/21 Taka]
[06/09 DARTH VADER]
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp