忍者ブログ

日本ありが党

「ありがとう」とは、日本語で感謝を表す時に用いられる挨拶である。 ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く」がウ音便化したものである。 「有り難し」とは、本来「有ること」が「難い(かたい)」、すなわち「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味であった。「党」は集団、仲間を意味する。
[17]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

素直に信じて受け止める。とても大事なことです。

でも素直なのと疑問を持たないのはイコールではありません。

探究心を持つことが大切だ、ということです。

世の中には感謝を忘れた人がいっぱいいます。

平然とウソがまかり通る世の中になってしまっています。

例えば最近のTV。

本当に本当?ってことが多々あると思います。

ただただ狂信的にTVが言っていることは正しい、などと考えていては足元を

すくわれるだけです。

もちろん騙されることも経験として感謝するべきなのですが、自分自身は勉強

だと思って済まされますが、あなたが何の疑問も持たずに間違ったことを信じて、

それを他人に対ししてしまったら?

例えば政府の言うことを信じて放射能汚染された野菜を子供に食べさせたら?

取り返しのつかないことになってはいけません。

私達の常識なんてものは、所詮人間が考えたものです。

それを習ったり、見たり聞いたりしたものの集合体が私達の「常識」です。

偉い学者さんが言うから・・・って、つい10年前までは「非常識」とされていた

こともあり、また10年先には「非常識」となっていることも多々あるでしょう。

事実、どっかの偉い学者さんがTVで「放射能は安全だ」と繰り返し唱えていますが

そんなワケあるはずがないのです。

言われたこと、見たことを信じるのは大切ですが、ちょっと一歩引いて、本当に

正しいことなのかどうかよく考えてみることが重要です。

じゃあ何を信じたら?

もちろん自分です。自分にウソはつけません。

自分に自信がなかったら?宗教?

もちろん素晴らしい考えを与えてくれるところもあるのですが、近年の宗教は

落とし穴がいっぱいです。

ここも「健全な疑問」をもってみるべきだと思います。

じゃあ何も信じられないじゃないか!

いえいえ、自然を信じれば良いのです。

自然は絶対に裏切りません。

現在のあなたの生活は、自然に対して感謝を忘れていませんか?

お金で生活しているのではありません。

私達は、自然の中で「生かされている」ということを忘れなければ、自ずと何を

信じれば良いのかが見えてくる
と思います。

そのブーム、そのブランドバッグ、本当に自分で心から良い!と思いましたか?

みんなが良いと言っているから(と言われているから)良いと思い込まされて

いませんか?

大量消費社会において、メディアは平然とウソをつきます。

売るためには手段を選びません。

人工のブームをメディアが作り出し、それに踊らされた人々がそれを買い漁る。

買う前にちょっとだけ考えましょう。

本当に必要ですか?流されていませんか?

TVやメディア、人の言うことに振り回されず、物事の本質を見る

これからの日本に一番大切なことだと思います。

一度自分の考えを白紙に戻して、「健全に疑ってみる」のはいかがでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自己紹介
日本人
profile:
日本が大好きです!和食・和室・和のココロ。

BurningManというネバダ州の砂漠で一週間行われる世界一のアートイベントで、貨幣経済の無い世界を体験、give&giveというポジティヴな精神を学ぶ。

浄土真宗高田派僧侶の卵ですが、自己治癒力快復道場を設立、「日本を世界一病気の少ない元氣な国に」をテーマに活動しています。

基本ポジティヴです。感謝することを好みます。努力×情熱×感謝×謙虚=明るい未来。
でも健全な疑問を持つ心も大切だと思います。陰と陽、光と闇、精神世界と現実世界をバランス良く!
世の中全てが平和になりますように!
バーコード
フリーエリア
最新コメント
[07/04 正源司 渡]
[02/09 正源司 渡]
[09/21 Taka]
[06/09 DARTH VADER]
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp